産業医が語る!『精神疾患と労務管理』セミナー開催のお知らせ

2017/07/27 14:00~17:00

■ 開催場所:
  東京都豊島区北大塚2-13-1 G.H.Y.ビル6F
  竹内社労士事務所 研修室

■ アクセス:
  JR山手線「大塚」駅、
  都電荒川線「大塚駅前」駅 徒歩1分

■ 講師:
  竹内社労士事務所 顧問医
  合同会社ロハスオフィス 関谷 剛 医師

 

ご参加ご希望の方は、下記メールアドレスまで

貴社名、ご参加人数、ご参加者名を明記の上お申し込みください。

■申込先:

合同会社ロハスオフィス

産業衛生事業部 飛鷹(ヒタカ)宛

info-lohas@lohasoffice.org

 

【カリキュラム】

1.精神疾患とは何か。

2.精神疾患にどう対応するか。
・ 診断書には本当のことが書いてある?
・ 「症状」は「病気」ではない
・ うつ状態、パニック症で薬が処方されている?
・ 診断名ごとの対応
・ 病理症状をもつ患者を医師はどうとらえるのか
・ 法律上要求される衛生管理体制と実施事項
・ 産業医の職務、産業医の権限
・ 産業医の目から見た労務管理

3.人事部と産業医の連携 5つのポイント
・ あり得ないミスを続けた従業員は病気ですか?
・ 最初に注意するのは勤怠の乱れ
・ 医学レベル、産業医レベル、人事労務レベル、現場レベルの4つのレベルで考える
・ 医療と企業をつなぐのが産業医
・ 産業医の仕事は調整です!

4.復職をどう考える?
5.障害者雇用の問題